サラリーマン大家さんも必見!初めての海外不動産投資をニュージーランドで始めてみませんか?

インターネットからのお問合せ24時間受付中!! ご質問お問合せはこちらから

ニュージーランド不動産コラム


NZの政策金利がまた下がる?

ニュージーランドの政策金利が2回連続で上昇し、現時点では3%と先進国では一番高くなっています。さらに2年以内に5%ぐらいまで持っていきたいと中央銀行がアナウンスしていますので、今後上昇することが間違いないだろうというのが大方の見方です。

続きを読む

ニュージーランド不動産の所有形態について

ニュージーランドでは不動産売買に際し、4種類の所有形態があります。Fee Simple、Leasehold、CrossleaseそしてUnit Titleというものです。それぞれについて以下にて解説をしたいと思います。

続きを読む

バスルームリノベーション

バスルームのリノベーションは、ニュージーランドで最も多いリノベーションともいえるかもしれません。バスタブにつかる習慣がない現地の人々ですが、何故かバスルームを非常に重要に考えています。

続きを読む

暖炉と薪ストーブの違い

ニュージーランドの多くの住宅には、暖炉が設置されていることが珍しくありません。もちろん、インテリア用の飾り暖炉などではなく、実際に暖を取るために利用されており、冬場には大活躍します。

続きを読む

アパート物件は投資対象に成り得るか?

区分所有のマンションは手頃に始められる不動産投資といえます。日本でもサラリーマン大家さんの区分所有の不動産投資が流行りましたね。一棟買いや戸建て投資と比べると、総費用が少なくて済み、自己資金の少ない投資家には人気が高いようです。

続きを読む

ニュージーランド不動産視察ツアー第二回

昨年から始まった、ニュージーランド不動産視察ツアーですが、今月、早くも第二回目の開催となりました。第一回目の倍ぐらいの人数でのご案内でしたが、事前準備をしっかりとしていたので、無事に終了することが出来ました。全部で4物件にご案内しましたが、運よく天気にも恵まれ、ツアー日和となりました。

続きを読む

不動産購入時の家財の確認について

不動産物件を購入する場合、その購入価格に含まれている家財も併せて確認する事が必要になります。例えば、絨毯やカーテン、ブラインドなどが付属しているのか?当然付属しているものとして思っていても、後でそれは含まれていないという事もあります。

続きを読む

元本が永遠に減らない、ニュージーランドの住宅ローン

センセーショナルなタイトルになってしまいましたが、これは事実です。もし日本で住宅ローンを返済されている方がいれば、ぜひ返済計画表を確認して下さい。

続きを読む

ニュージーランドの建築工法の種類について

日本の戸建住宅といえば、古くからの伝統工法である「木造軸組工法」があげられますね。ここニュージーランドでも木造工法はよく見かけますが、最近はレパートリーも随分多くなってきました。今日はNZの建築工法についてちょっとお話ししたいと思います。

続きを読む

ニュージーランド不動産視察ツアーを開催しました。

昨年10月の事になりますが、日本からお越しになられたお客様と関係者の合計十数名を、ニュージーランド不動産視察ツアーにお連れ致しました。マイクロバスをチャーターし、午後1時から6時までに5物件を視察するという強行軍でしたが、終わってみるとあっという間でした。

続きを読む